FC2ブログ

CB1300SBライダーだけど、チャリダー率高いヨ?ブログ。

信州ツーリング2011 エピソード1(クリームソーダの湖!?)

naganoS1(400
((^-^))ぶち楽しかった! (^^)サイコーじゃった! 信州、また行くけえの!
 
思わず広島弁が(笑)
できればモザイクを無しにしたいくらい、満面の笑顔な“つかみ写真”なんですが(^^;)
2011年秋のオサーンによる青春一人旅は、信州ツーリングにしてみた。
ああ信州、おお信州、うんうん信州。 ww
思えば2年前から行こうと計画しては天気に泣かされ。
今年も実は9月17日(土)出発で、現地集合なチョイマスツーなんかも計画ありで。
超 ↑ ↑ 楽しみじゃん!と思っていたら、天気悪く(><)
ああ、今年も信州、行けないのかなぁ、、、なんて思っていたんですが。
今年はもう1回、後半の23日が祝日なんで3連休♪
見事天気も復活し、念願の!希望の!信州ツーリングを楽しんできた。
  
↓ 今回、遊んで来た?いや、遠征したエリアです。
MAP-xx.jpg
 
それはそれはもう、素晴らしい景色だらけだった。
今回、初めて信州ツーリングに行きましたが、熊本と比べると・・・
(^^;)う~ん 甲乙つけがたいっ! 
それくらい、信州はレベル高いとこでした。 
もちろん、また、絶対行くよ!信州って、思ってたよりもかなり近い印象。
奈良って西に東にと動きやすい場所なんかな(笑)
 
 

 
9月23日(祝)の早朝。
前日に荷物をパッキングし、初めて使うサイドバッグにバランスよく搭載し。
急に寒くなった&さらに寒いエリア信州に行くって事もあり、ほぼ冬装備にしました。
フリースインナー付きのお気に入りホンダジャケに、ウインドストッパージーンズ。
中にはまだ気が早い?と思われがちなユニクロヒートテックという重装備ww
(しかしこの思考&装備、ナイスでした。すげーぞ→オレ 笑)
AM3:30 いつものGSで記念撮影をし、いざ、信州に向けてGo!Go!

naganoS2.jpg
 
真っ暗な中をバビューンと走り。
今回のルートは、西名阪~近畿道~第2京阪~京滋バイパス~名神で。
最初の休憩ポイントに設定していた、養老SAに到着。
途中の高速はスカスカでしたが、これまた初めて使うB+COMでナビと音楽を聴きつつ、
(^-^)うん!これは使えるな!と嬉しがりつつwwまったりと走っての到着。

naganoS3.jpg
四国ナンバーのライダーさん達が多数休憩してはりました。
この時間にここで休憩されてるって事は、22日の夜に出たんかな?
(^^;)お疲れさまです。お互い、気をつけて走りましょう。
 
寒かったんでコーヒーを流し入れてトイレして、そそくさと再出発。
名古屋を抜ける辺りで明るくなってきた。
なんて清々しい朝なんだろう!超キモティ。

naganoS4-597.jpg
東名高速の小牧Jctで中央道にスイッチ。
スカスカな中をバビューンと走り、どんどん北上していくのだ。
 
景色も普段みるのとは違う状況に気がつきます。
雲が見えますが、その上に山がどーん!と見えるんですよね!

naganoS5-597.jpg
 
長~いトンネルを抜け、2回目の休憩ポイントの駒ケ岳SAに到着。
時間はAM7時ちょうどでした。
な、なんか、オシャレな建物ですね。

naganoS6.jpg
 
naganoS7.jpg
ここではまず、確認するトコがあるのです!(^-^;)
ツー友のヒロシさんに聞いた、レアなエリア?があるのです。ふふふ。
なるほど!ここか!なるなるほど~♪ これは使えますね。
今回は“活用”しませんが、いつか使えそうな感じです(←何のこっちゃww)
 
この休憩ポイントでは少しまったりしようと、ソースカツおにぎりなる物をww
ん?ソースは?と思ったら、中に仕込んでありました。
まあまあ美味しかったです。
ちなみに、温かいコーヒーを買おうとして、冷たいのを間違って買ってしまって、どっちを先に飲むか3分くらい悩んだっていうのは内緒です(爆)

naganoS8.jpg
 
naganoS9-597.jpg
小腹も落ち着いたんで、中央道をさらに北上。
どんどん北上!

naganoS10-597.jpg
中央道のどこかで降りると思いきや?
さらに長野道にスイッチして、さらに北上!どんどん北上!
長野って、タテに200kmくらいあるんでしたっけ?
中央道の岡谷を過ぎてからも、結構な距離を北上した感がありました(^^;)
 
でもって、ツーリングマップル中部北陸版の94ページまで来ました!(笑)
信州中野ICを降りました。
予定では、ここで9時30分に着いたらエエかな?と思っていたんですが。
予想に反して、時間はまだ8時50分でした。
(@@;)そんなに飛ばしてませんが・・・信州って割りと近いのか?と錯覚しそうww
3時30に出たんで、きっちり5時間以上かかってますよね(汗)
でも九州よりも全然近いな(笑)なんてポジティブになってました。

naganoS11-597.jpg
naganoS12.jpg 
信州中野ICからすぐK29の志賀フルーツライン?を通って。
この日のナイスポイントへ向かいます(^^)

naganoS13-597.jpg
K29からR292にスイッチして。
この先、山に入るのでガソリン満タンにして。
快走道をシュパーンと走ります。
 
・・・でも、高速を走ってた時はあんなに天気良かったのに・・・なんか雲が(==)
き、きっと気のせいさ!(~~;)とポジティブを装うオイラ(苦笑)
心の中では、頼む!?オイラの晴れ男パワーよ!てなもんですけどww

naganoS14-597.jpg
 
R292は、つまりここなんです。
ここに、ここに来たくて仕方がなかったんです(^-^)b
念願の!初めての
志賀高原なのだっ♪
naganoS15.jpg
 
naganoS16.jpg
 
ルンルン♪でクネクネ道を登っていきます。
朝の山は空気は良いし、緑もキレイで気持いいなぁ~♪
途中、ほほーここが“もんちゃん”がレポートした渋温泉かー♪
おっここを入ると、“もんちゃん”が入った山田牧場内の温泉かー♪
などと、バイクジン誌のファンなんだぞ?みたいなミーハーなことを思いつつww 

naganoS17-597.jpg
 
し・しかし、、、すれ違うライダーさん達、皆さん、皆さんですよ、100%ですよ?
カッパライダーに変身されてるんですよ!(><)えええーまさかーーー
 
どんどん走って高度を上げていくんですが、な、なんかこんな景色になってきて。
白いんですー 霧なんですー 濃いいんですー 

naganoS18-597.jpg
 
道路は完全なウエットなんですが、雨じゃないんですよ。
スゲー濃いい霧なんですよ。
まだ視界はそんなに悪くないんで、カッパライダーには変身しませんでしたが。
これからまだ、どんどん登るんで一抹の不安がありますが(^^;)

naganoS19-597.jpg
 
う~ん どんどん濃い霧になります。
さすが高い山だけに!? 霧もハンパないんでしょうか。

naganoS20.jpg
とうとう景色もアウトになってもたーーー(><)
naganoS21-597.jpg
雨じゃないのに、濃い霧でシールドに水滴多数。。。
でもオイラは意地でもカッパライダーにはならんぞ!と変身せずww
・・・でもサイドバッグだけには、レインカバーをするという腰砕けなオイラ(笑)
(せっかくおNEWのサイドバッグだかんねー大事にしないとねww)

naganoS22-597.jpg
 
濃い霧ですが、あまり気にせず、どんどん山を登っていきます。
かなり高いトコまで来たんじゃね?と思っていると、ありました!
ライダーならば、1度はここに来たいと思う?場所でしょうか(^^)
 
長野県と群馬県の境界に立つホテルです。
皆さん思うでしょうね、住所はどっちの県なんだ?と。
(^^;)オイラはあまり気になりませんが(笑)

naganoS23(400
 
naganoS24(400
 
ここで“先に”これを貰う・・・いや、買うんです(^^)
naganoS25.jpg
ちなみに、1枚100円です(^-^)
naganoS26.jpg
いい感じで背景ボケの写真を撮りまして。
naganoS27(400
 
ほんの少しだけ走ると、到達証明を先に貰ってますが(^^)ここに到着。
国道の最高地点です! 標高2,172mって・・・イメージ沸きませんけどww

naganoS28(400
ここら辺に来たら、濃いい霧も晴れまして(^-^)b
オイラのパワーが通じたか!?なんて思いつつ、満面の笑顔で記念撮影(笑)
 
観光客のおばちゃんに撮ってもらいました♪
ブログに掲載の写真は2枚ですが、実は背中からとかアップとか。
図々しくも(爆)数カットの撮影を要求しました(笑) わははー
 
naganoS29-597.jpg
 
naganoS30(600-450)
天候もよくなってきて、ここからすぐの素晴らしいアレ周辺も見えてます(^^)
naganoS31(400
国道最高地点の撮影渋滞を終え(苦笑)、次の目的地へGo!
naganoS32-597.jpg
 
naganoS33-597.jpg
 
少し下って、道の駅的な駐車場へ。
(^^;)100円いるんですが、仕方ないなー

naganoS34.jpg
ここにバイクを止めて、山に登るんです。
(==;)登る山を見上げると、なんか、予想してたよりも高い気が。
看板には登り20分、下り15分と書かれてますが。

naganoS35(400
 
登ります。
(~~;)ハァハァ言いつつ、登ります

naganoS36(400
ある程度登ったところで振り返ると。
CB号を駐車した広い駐車場や大きな建物が、あんなに小さく!
(==;)やはり、結構な高さ意を登ってますなぁ。
オサーンには少しキツいです(笑)

naganoS37(400
来た道(志賀草津高原道路の国道最高地点側)がこんな感じで。
こんなに雲が近い思ったのは、生まれて初めてかもしれません。
さすがに感動が込み上げてきます。

naganoS38(400
 
 
(^^;)きっと空気が薄いからだ!オイラがオサーンだからじゃないからだ?
とww自分に言い聞かせつつも、ハァハァと言いつつ目的地に到着。
時計を見ると、あらら!ほんと20分ちょいでした。
 
 
そして、念願の!クリームソーダの池を見る事ができました!
 
    え?(笑)
 
いやいや、これが有名な、いや、超有名な? 湯釜 ってとこです。
この神秘的な場所に、1度来てみたかった。
それもバイクで。CB号で。車じゃダメなんです、CBでなきゃダメなんです(^^)
湯釜が見えるとこまでCB号で来れて、一緒に記念撮影できたら最高なんですけど。
 
素晴らしい景色にしばしボーーーーーーッとしまして。
キレイだなぁ~ あ!そういえば阿蘇の火口と同じ様な色しとんなー!とか。
飲んだら苦いんやろかーとか思いつつ(笑)暫く眺めてました。
 
(@@)ハッと我に返りww
記念撮影をまだしていませんでした!やべー!
ええ、もちろん、他の観光客に撮ってもらいました。
ええ、ええ、もちろん、数ショット(笑)

naganoS39-597.jpg
 
とっても神秘的な景色を撮影なのだ。
凄いです、雲が動くじゃないですかー
雲の影や太陽の角度や明るさで、微妙に色が変化するんですよー
(^^)でもオイラは日が当った、クリームソーダ色が好きかなー♪

naganoS40(400
 
naganoS41(400
 
naganoS42(400
 
う~ん もっと近くにも行ってみたいww
naganoS43(400
 
かなり見惚れてしまいましたが、山をこれまた予定通り?15分で下り。
道の駅的な施設に行ってみます。
(^▽^)なんか、霧も無くなってすげー晴れ間になってます。
でもさすがは高地、肌寒いを超えて本格的に寒いっす!

naganoS44(400
ここで長野名物?おやきを食べてみることにしました。
お店のおばちゃんに、どれが1番オススメなん?と聞くと高菜入りだってことで。
(^^)ほなソレって、買ってみた。
思ってたよりも大きいですね、おやき。
中にはギッシリと高菜が入ってました。

naganoS45(400
味ですか?(^^;;;)
いや~ (^^;;;)
飛び抜けてウマいもんではないな・・・という表現でとどめておきましょう(笑)
高菜がもっとピリッとしてたら、ビールや焼酎でイケるんですけどね。
 
“おやき”を食べてる時にちょうど12時になった。
という事で、どうやらこれがランチとなった模様ww
信州ツーリングの1日目はまだまだこれから。
湯釜を堪能して、この後は草津に向かって涼しいクネクネを走っていくのだ(^=^)b
 
 
信州ツーリング2011 エピソード2に続く・・・ 
  

 
 ↓ オイラブログで少しでも笑顔が増えますように。
   いちさん☆ライダーブログ応援バナーです。♪(^-^)bポチッとしてね♪ 

 bana-2.jpg

 
スポンサーサイト



いちさん☆ライダーカウンター
プロフィール

M[えむ]

Author:M[えむ]
銀のCB1300SBで、バイクにマッチする景色を求めてさ迷ったり、グルメ目的で出かけています。カスタムはなるべくお金をかけずに楽しんでます。珍しいカラーのCBなので、見かけたらぜひ声かけて下さい(^^)。
2012年夏。2号機として、スモールデュアルパーパス ホンダSL230が仲間入り。ダートや道なき道な林道を走破すべく、夢の2台体制に。
オンを走り、オフを遊ぶ。SL230のサブテーマがかなりお気に入りな今日このごろ。
オサーンの青春は、まだまだこれから!(^-^)


いちさん☆ライダー 応援ボタンなのだ~
(^-^)押してね~♪
bana-1_20100413180731.jpg 











最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
リンク
いちさん☆ライダー検索!
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック